パナソニックGH5Sハンズオン

「字幕」ボタンで日本語の翻訳が表示されます。

 

パナソニックがビデオユーザー向けのミラーレスカメラ、GH5Sを発表した。GH5よりも低照度特性に優れており、ソニーのα7Sシリーズと似た位置付けと言ってよいだろう。GH5Sで撮影したミニドキュメンタリーも後日アップする予定。

今後GH5Sに関するテストレポートやインタビューなど、様々な記事を掲載予定。ご期待いただきたい。

GH5のもう一つのバージョンとは?

従来のGH5が優れた汎用性の高いハイブリッドカメラであることは間違いないが、もう一歩前進し、我々のようなビデオをメインに撮影するユーザーをターゲットとしたのがGH5Sだ。GH5Sはビデオカメラとして設計されたと言って良いだろう。

GH5GH5Sの機能比較

これは多少ノイズが目立つが、裸眼では何も見ることができない場所をGH5Sの25,000 ISO(Cinelike-D)で撮影したビデオ映像だ。以下にGH5とGH5Sの比較をリストアップする。

新しいセンサーと大幅に改善された低照度特性

  • 新しい10.2メガピクセルセンサーは、高いISO値でもビデオ撮影が可能だ。Cinema5Dでは近くGH5SとGH5の低照度特性をテストする予定。
  • センサーの欠点としては、写真モードでの低解像度は致し方ないことだが、GH5でも20メガピクセル以上の解像度がある。例えばGH5には6Kアナモフィックモードが搭載されているが、GH5Sには4Kアナモフィックモードとなっている。アナモフィック撮影がメインの場合は考慮すべき点だ。

デュアルネイティブISO

  • 同社のプロフェッショナル機に搭載されるデュアルネイティブISO機能をGH5Sにも搭載した。これは、ISO400とISO2500の両方で低ノイズの撮影が可能となるもので、各ピクセルに2つの専用回路を設けることによって実現されている。信号を増幅する前に感度が設定されるので、高感度ノイズが低減される。

DCI4K 50p/60p

  • 滑らかなスローモーションの撮影が可能。 GH5SはDCI 4K、25p、30p、50p、60fpsでの撮影が可能。

V-Logを標準搭載

  • GH5では、V-Logのフラットな映像プロファイルを別途購入してインストールする必要があった。GH5Sでは、これがプリインストールされている。 GH5でのアドオンの費用は$ 97。GH5SはGH5より500ドル高価になるので、GH5Sは実質的にGH5より400ドル高価だと考えることができる。

V-Log preinstalled

タイムコード入出力をサポート

  • タイムコード入/出力は、専用の端子にバンドルされたBNC変換ケーブルを接続することにより対応されている。これにより、マルチカメラ撮影する場合のタイムコード同期が可能になった。同期された映像は編集ソフトに取り込み、タイムライン上で自動的に同期することができる。

 

新たに搭載されたハイフレームレート

  • GH5SはフルHDモードで、最高毎秒240フレームで撮影することができる。ただ画像はクロップされるので、これは改善の余地があるだろう。

 

写真とビデオのマルチアスペクト対応

  • 確かGH1、GH2でサポートされていたと思うが、マルチアスペクトレシオが再び搭載された。実際には、GH5と同じレンズが取り付けられているので、わずかにクロップが少なく、より広い視野の映像が可能になる。また、センサーはマルチアスペクトタイプなので、DCI4K、UHD4K、アナモフィック、4:3の同じ焦点距離で同じ画角を記録するのに十分なマージンがある。

GH5S Multi-Aspect Ratio

オートフォーカス

  • パナソニックによると、オートフォーカスはビデオモードでより適切な動作をするようにチューニングされている。Cinema5Dでは、さまざまなオートフォーカスモードをテストしており、GH5の性能と比較してどのように改善されたか調査している。後日公表したい。

14bit RAWバースト撮影

  • タイムラプスビデオの撮影では、14ビットRAWバーストモードが使用できる。新しいバーストモードは、AFS / MF設定で最大11fpsでの撮影が可能。

 

オーディオの拡張機能

  • オーディオ関連では、LINE入力が追加された。3.5mmマイクジャック経由での接続が可能。

オーディオ関連でのもう1つの改善点は、カメラとレンズ内部の機械的な動きに起因するノイズをキャンセルする専用のマイクが採用されたこと。同社によると、機械的なノイズが10dB減少し、クリアで高音質な録音が実現したとのこと。

 

ボディ内手振れ補正を削除

  • 一方、欠点としては、カメラ本体の手振れ補正が新しいGH5Sでは搭載されていないことだ。パナソニックは、三脚やジンバルの使用を期待しているが、率直に言えば、これは非常に残念。特にニュースやドキュメンタリースタイルの撮影では、この機能は必要だ。

まとめ

私の意見では、ビデオ撮影に関しては、GH5SはGH5に比べて優れた製品と言える。したがって、GH5に対する価格差は納得できるものだ。

ドキュメンタリーの映像制作者として見れば、改善された低照度特性は大きな利点だ。ただし、将来的にはボディ内手振れを搭載して欲しと強く願う。今後様々な機能拡張がされるだろうが、個人レベルの映像制作者のためにも、是非この機能の搭載を検討していただきたい。

GH5Sは、1月末から2,499ドルで発売される予定。(追:国内は2018年1月25日発売予定。価格は税込みで30万円弱の予定。フジヤエービックで予約販売中

従来のGH5ユーザーにGH5Sがどのように受け入れられるか、非常に興味があるところだ。

上記の動画の音楽:https://artlist.io/から取得。テーマ:Lupita Conor Spicer

主な仕様

  • 10.2メガピクセルマルチアスペクトセンサー、デュアルネイティブISO
  • 改善された低照度特性
  • 暗い場所でのAF改善
  • V-LOGプリインストール
  • 連続記録時間制限なし(GH5と同様)
  • 400Mbit / s ALL-I 10bit 4:2:2 4Kコーデック
  • 追加されたコーデックオプション
  • 4K HDRディスプレイ用のハイブリッドLOGガンマ、およびビューアシスト
  • 防塵防水対応
  • デュアルSDカードスロット(UHS-II)

 

フジヤエービックのショップサイト