Nisi F3 – マウント変更できるフルフレームシネマプライムレンズ

シネマレンズの光学分野における競争が激化している。ここで紹介するシネマプライムレンズもその一端を担うものだ。NiSiのセットF3は、T2.0(うち一本を除く)で46.5mmのフルレフームフォーマットセンサー対応となっており、5本セットで購入しても比較的安価だ。

NiSi F3

今回のNABにて、NiSiはシネマ撮影者向けに75mm、25mm、50mm、35mm、100mmのプライムレンズセットを発表。マウントはPL、キヤノンEF、ソニーEマウントを選択できるため、ユーザーや用途に合わせて対応できる。

NiSi F3のシネマプライムレンズの概要

ポイントとしては、フロント径はすべて95mmで、マットボックスの装着が容易で、ギアも標準的なものので、レンズ交換やフォローフォーカスがし易い。25mm以外はT2.0だが、NiSi によると、25mmも限りなくT2.1に近いという。細かいスペックは下記にて確認できる。

NiSi F3

上記のチャートの左側(18mmと記載の欄)がまだ空欄になっているのは、2018年の半ばまでに18mmを出す予定だからだという。使い勝手がよく、人気の焦点距離のレンズだ。この新しいプライムレンズセットが、ほかの「お手頃な」レンズとどう競い合っていくのかは楽しみなところ。マウントがユーザーによって変えられるのは、大きなポイントとなるはずだ。

NiSi F3

F3の更なる情報は、NiSiのサイトから見ることができる。

価格と発売時期

価格はまだ確定ではないが、セットで約12,000ドルとのこと。それぞれのレンズは、約2,500ドル。安価というわけではないが、フルサイズのシネマプライムレンズの中では、高すぎるということではない。ARRIのマスタープライムだと一本だけで、NiSi F3のセットよりも2倍の価格だ。

4月の終わり(もしくは5月)からプレオーダーや製造が開始される。