Laowa 24mmマクロ“シュノーケル”リレーレンズ

フォトキナ2016で珍しいレンズを発見した。特殊なマクロレンズで、中国のレンズメーカーRaowaVenus Optics)の24mmリレーレンズだ。これらのレンズは、その形状から“シュノーケルレンズ”と呼ばれることもある。

通常のマクロレンズの場合、カメラやレンズの影が被写体に被ってしまう場合がある。自分が50mmではなく100mmマクロを好んで使っているのも、その理由があるからだ。ワイドになるほどこの問題は起こりやすくなるのは当然で、フレーミングの範囲が広ければ影が出る可能性も高くなる。それだけではなく、通常のマクロでは寄り切れない場合も起こってくる。

dsc00324

Laowa 24mm マクロリレーレンズ

さて、このシュノーケルレンズだが、いずれにしてもかなり特別な目的でしか使用しないだろう。例えば、アリの巣やすごく狭い岩の間のようなところの撮影だ。

フォトキナのLaowaのブースでは、小さな兵隊の人形が被写体として置いてあった。超小型のアクションカムで飛び回って撮影しているような、特殊な映像を撮ることができるだろう。その時の映像をビデオにしたのでご参考まで。

F16なので、暗いところでは使えない。長い筐体を持つ小さなレンズだから物理的にも納得できる。それでも、マクロレンズ故かなり浅い被写界深度である。

Laowa24mmマクロリレーレンズは2017年初めに出荷予定。価格は未定。ただ、同社の従来の製品の価格から考えると、それほど高くはならないだろう。

Laowaのwebサイトはこちら(英語)