Edelkrone DollyPLUS – アプリでコントロールするドリーシステム

上のビデオは「字幕」ボタンで日本語字幕が表示されます。

 

スライダーやカメラのモーションコントロールのアクセサリーで知られるエーデルクローン(Edelkrone)が、DollyPLUSというポータブルの電動ドリーシステムをNAB2018で紹介。エーデルクローンの創立者であるKadir Köyme氏に取材したので、ビデオを含めて紹介しよう。


3-axis head unit.

DollyPLUSは、電動の車輪と3軸のヘッドの動きを合わせたハイブリッドなシステムで、多くの三脚に対応できる(三脚はキットの中に含まれていない)。本体はレッグユニットと3軸のヘッドによって構成される(写真下、参照)。カメラに関しては言及していないが、キヤノンの C200くらいの重さは問題なさそうだ。

DollyPLUSの概要

システムをコントロールするには、まずは無料のアプリをダウンロードする必要がある。その後、アプリにてトラッキングや顔認証といった様々な動きを設定する。顔認証をする場合、対象の写真を撮り、アプリにアップロードすると、3軸ヘッドがその対象をトラッキングする。脚の部分と連携して、3軸ヘッドが様々なドリーの動きをオペレーターなしで再現してくれる。

電源はVマウントかゴールドマウントのバッテリーがDpllyPLUSの底面につけられるようになっており、持ち運びにも便利なコンパクトな筒状に収めることができる。

Leg unit of the dollyPLUS with gold mount battery.

このシステムは展示会場のようなフラットなカーペット上ではスムーズに機能しているようだが、そうではないゴツゴツしたような状態だと、どこまで機能するかは試してみたいところ。おそらく、DollyPLUSの使い道は、床がフラット、もしくはしっかりしているスタジオのような環境が適しているのだろう。古い木造の床や外で使用することは想像できない。

価格と発売時期

価格はまだ発表されていないが、Kadir氏によると、同じようなアクセサリーを販売している製品の中では、お手頃価格になるそうだ。発売時期についてもこれから発表される予定。

Links: Edelkrone.com